主要都市間の移動は長距離列車で

中国はとにかく国土が大きい。隣街に移動するのにも何時間もかかってしまう場合もあります。ましてや主要都市間の移動となると、軽く10時間を超えることはざらにあります。中国ではたくさんお長距離バスも出ていますが、同じ距離を走るならば列車の方がはるかに楽と言えるでしょう。もちろん楽な分バスより料金は高くなりますが、バスの場合、休憩時間まで経つことすら難しい状態になるので、できれば列車での移動をお勧めします。中国の長距離列車では日本とは違い、厳重な荷物チェックをされます。空港で行うような荷物チェックで、テロ対策の一環として行われています。少し物々しい感じもしますが、何時間も同じ列車に乗っている乗客の中に危険物を所持している人がいるかもしれないと考えると怖いですもんね、しっかり調べてもらいましょう。

大陸を横断するような超長距離列車もある!

中国では10時間以上列車に乗って都市間の移動をすることは日常的に行われています。しかし、中には10時間どころでは済まない列車移動もあります。例えば、中国沿岸部の大都市である上海から雲南省の省都である昆明までは、在来線だと34時間もかかってしまいます。時間に余裕のない人は中国国内を陸路で移動するのはかなり厳しいかもしれませんね。 ただ、時間に余裕がある人にとっては、著時間かかる列車の旅も良い思い出になるかもしれません。中国の人はかなり気さくな人も多く、旅行者だと分かるとお菓子や果物を分けてくれることもあります。また、列車によってはチケット代にお弁当やカップラーメンの料金が含まれていることもあり、列車のチケットの半券を提示すれば食料と交換してくれる場合もあります。